RSS Feed

屋形船を会議で活用

2018年5月19日 by author

屋形船を一度でも利用したことがある皆さんは、
一般的な飲食店と異なる上品でまったりとした雰囲気に思わず心が和んでしまったことでしょう。
屋形船は船という特別な空間が水上に浮かんだまま、ゆったりと遊覧するという娯楽体験をすることが出来ます。
せかせかと忙しく働く現代人にとって、こうした時間の流れがゆったりと感じられる非日常の雰囲気はストレスの解消にもなるのです。
今回はそんな屋形船を会議で活用する方法について詳しく見ていきましょう。

屋形船では食事やお酒を楽しむことが出来るのは、皆さんもご存知の通りです。
会議といえば会議室で行われるものという固定観念をお持ちの方は、今すぐそれを改めましょう。
最近は会議室をあえて設けることなく、外で食事を摂りながら会議を済ませてしまうという企業が増えています。
ランチやディナーと共に会議をすることのメリットとしては、時間の節約と活発な議論への期待という2つが考えられます。
仕事と同時に食事を終えることが出来れば、時間の節約になるのは当然です。
ランチに出掛けて帰ってくるだけでも1時間近くかかることもありますから、
それを会議に利用してしまえば次の仕事にも取り掛かりやすくなります。

テーブルの上で資料を睨み合うだけの会議は、重苦しい空気に包まれて議論が停滞することも少なくありません。
飲食店での会議は自然と手や口が動きますから、それに連動して脳も活発になることがあるのです。
何よりも食事を一緒に摂るという行為は一体感を生みますから
チームとして連携したい人々の会議において、食事は結束を固める意味も持っています。
屋形船は貸切で利用することが可能なので、
他の会社の人間に聞かれたくない内容でも声を小さくすることなく話し合うことが出来ます。
先述した屋形船独特の雰囲気は、リラックス効果によって社員たちに自由な発想を促すことでしょう。

さらには、プロジェクターなどの機材を貸し出してくれる屋形船業者もいるので、
こういったサービスを活用すれば会議が実りのあるもの変わるはずです。
屋形船での会議における注意点は、延長するのが難しいことです。
屋形船は基本的に定められた時間を周遊するという形式ですから、
一般的な飲食店よりも時間的融通は利きにくいといえます。
あらかじめ時間が長めの周遊ルートで予約しておくといった工夫で、
結論ナシの会議にならないように配慮するのも重要です。
まとまらなかった議題をどこか別のところで話し合う際は、その場所を手配をする必要が出てきます。
ご紹介したような点に気を付けながら、屋形船で充実した会議の時間をお過ごしください。


コメントはまだありません »

No comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA